再建築不可物件を高く売る方法

house_red

相続などで手に入れた再建築不可の不動産の処分に困っていませんか?

現金化をしたいけれど再建築不可物件なので買い手がちゃんとみつかるか、正当な値段がつくのか不安ですよね。

たしかに普通の不動産に比べれば、再建築不可の不動産の売却は難しいです。

でも、安心してください。当サイトでは、再建築不可の不動産を少しでも高く売る方法を紹介します。

再建築不可物件を少しでも高く売るためのシンプルな工夫

house02

あなたは今までに何かものを売る経験をしたことがありますか?

不動産に限らず、ものを売るためには工夫が必要です。

しっかりと買い手をみつけて、さらに少しでも高く売るために工夫をする必要があります。

これは金額の大きな不動産にも当てはまりますし、もちろん再建築不可不動産にもあてはまります。

それはシンプルに、多くの買い手候補に声をかけることです。

「この不動産を売りたいです」と、1人に声をかけるよりも、10人に声をかけたほうが売れる可能性が高いですよね。

さらに、複数の買い手候補が集まると、買い手間で競争意識が生まれます。「なんとしても自分が買いたい!」と思う買い手が、高い買取価格を提示してくれるからですね。

つまり、多くの買い手候補を集めることで、あなたの保有している再建築不可物件が売れる可能性が高まりますし、売却価格も競争により正当な価格になりやすいです。

再建築不可物件の買い手候補を複数みつける方法

house07

それでは、どのようにして、複数の買い手候補に声をかければよいのでしょうか?

実は、それを手軽に無料で行う方法があります。

全国レベルで有名な大手不動産仲介会社や、あなたの再建築不可物件のある地域に強い地場の不動産屋など、最大6社の不動産会社に一括で査定を依頼できる無料サービスを利用するという方法です。

各不動産仲介会社や不動産屋は、家や土地を買いたいという顧客名簿を持っており、再建築不可物件であっても買い手をみつけることが可能ですし、価格も予想することができます。

「この売却価格だったら、うちの顧客が買ってくれるだろう」という価格をもとに査定をしてもらえます。

その査定金額の一番高いところに売却の仲介をお願いすることで、あなたの再建築不可物件を少しでも高く売れるようになります。

あなたの不動産、今いくら?無料の一括見積もりで最高価格を知ろう!

再建築不可物件を売却できるのはなぜか?

house04

普通の不動産に比べて、再建築不可の不動産は確かに人気がありません。それでも不動産一括査定サービスを通して、売却できる不動産業者がみつかる可能性があるのはなぜでしょうか?

それは、やはり再建築不可でも買いたいという需要が存在するためです。

もっとよく理解するために、再建築不可物件についておさらいをしてみましょう。

再建築不可物件とは、おもに建築基準法第43条を満たしていない物件のことです。

建築物の敷地は、(幅4メートル以上の)道路に2メートル以上接しなければならない。ただし、その敷地の 周囲に広い空地を有する建築物その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建 築審査会の同意を得て許可したものについては、この限りでない。

つまり、幅が4メートル以上ある道路に2メートル以上接している必要があるという接道義務を満たしていない物件は再建築不可物件となり、新しく建物を建築することができません。

これは、基本的には火事が起こった場合に消防車が入れないため防火の観点から決まっている法律です。

一方でこの法律が制定される1950年よりも前に建築されていた建物(もしくはその敷地)が現在の再建築不可物件です。

よって、接道義務さえ満たすことができるようになれば、再建築が可能になります。

分かりやすい手段としては、周りから土地を借りたり、買ったりすることで接道義務を満たすことができます。

隣の土地が空くまで待つほどの資金力は一般の個人にはありませんので、規模の大きな業者であればこその解決手段となりますが、こういった特殊な買い手をみつけてこれる不動産仲介会社といかに効率良く出会えるかが、再建築不可物件の売却で最も重要な要素なのです。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする